夜泣き対策 赤ちゃんと子供の夜泣きTOP | 夜泣きとは | 赤ちゃんの夜泣き | 子供、幼児の夜泣き | リンク集 |

赤ちゃんの夜泣き対策2

赤ちゃんの夜泣き対策2赤ちゃんの夜泣き対策2 (日中の過ごし方の工夫)

よく夜泣きをしてしまう赤ちゃんは、晴れている日中はなるべく外に連れ出してあげましょう。

その日の天気や気温、赤ちゃんの体調などにもよりますが、運動不足だと元気が有り余って夜はなかなか寝付いてくれなかったり、夜泣きをしてそのまま起きてしまったりする場合があります。

大人もそうですが、適度な疲れが赤ちゃんをぐっすり眠らせてくれるのです。

近くの公園や広場、児童館、お買い物など1〜2時間くらいは外で過ごせるといいですね。ベビーカーで近所を散歩するだけでも家にこもっているよりは、ずっといいです。

ただし、あまり興奮させたり、赤ちゃんが初めて体験することがその日にたくさん重なったりすると逆に興奮して夜泣きしてしまう場合があります。

また、日中のお昼寝が長すぎると夜に目が冴えて寝付いてくれなかったり、夜泣きの原因になったりすることもあります。

お昼寝は赤ちゃんによって長さや時間帯、回数が異なると思いますが、赤ちゃんの月齢に合わせた生活のリズムを作ってあげることが大切です。

夜泣きに役立つグッズを楽天で検索する


▼同カテゴリー「 赤ちゃんの夜泣き 」の記事一覧
赤ちゃんの夜泣きの原因
赤ちゃんの夜泣き対策1
赤ちゃんの夜泣き対策2
赤ちゃんの夜泣き対策3
赤ちゃんの夜泣き対策4
赤ちゃんの夜鳴き対策5
 
夜泣き対策 赤ちゃんと子供の夜泣きTOP | 夜泣きとは | 赤ちゃんの夜泣き | 子供、幼児の夜泣き | リンク集 |